Googleフォトを外付けHDDに保存する方法(Live Photos対応)誰でも簡単!

はじめに..〜Googleフォトを外付けHDDに保存するに辺り〜

Googleフォトを外付けHDDに保存する方法です。Live Photos対応で本当に誰でも簡単にできます!
Googleフォトが15ギガ以上は有料になってしまいましたので、パソコンではなく、外付けHDDに入れてしまおう。

グーグルフォトをHDDに入れるって、ググってやり方が掲載されててもややこしいし、素人では難しそう。
実際チャレンジしたけどよく分からなく、出来なかった(実体験&感想)

そこで!コピペ作業に近いやり方を見つけました。
しかも時系列に沿って。
しかもLive Photos対応!!
しかも!やっと簡単な方法を見つけました(方法は簡単ですが手間はかかる)

ちなみに写真、Live Photos、動画、全て対応でございます。
さらにLive Photosで保存された写真は写真と動画(2,3秒)と二つに分かれて保存されます。
これは嬉しい。


A.きっちりした方法
B.パパッと簡単な方法の二つを用意したので、自分にあった方法でやってみて下さい。


大まかな流れ

A.きっちりした方法

グーグルフォトにログイン

・アルバムを作る

・アルバムを閲覧できるリンク(URL)を作る

・URLにとび、ダウンロードする

・ダウンロードした写真をHDDに入れる

・あと処理

B.とりあえずパパッと方法

・グーグルフォトにログイン

・ダウンロードする写真を選択

・ダウンロードする

・ダウンロードした写真をHDDに入れる


A.きっちりした方法

1.Googleフォトにログイン

勿論パソコンとネット環境が必要です。HDDも。
保存の為に良いネット環境が望ましい。

-パソコンで保存しているGoogleフォトにログイン。

-ログインが分かりにくければまずパソコンで自分のgmailを開く、
右上の9つの点をクリックしGoogleフォトを選ぶ<フォト>と記載されている。


2.アルバムを作成する

-Googleフォトに入ると左の蘭に<アルバム>の文字が、クリック。

-すると右上に<アルバムを作成>の文字が、クリック。

-アルバムのタイトルを記入しろと…ここで時系列の日付を入れると便利。
例えば<21/1-2>と記入(21年1月から2月を意味する)

-すると下方に<写真を選択>の文字が、クリック。

-写真を選択するに辺り、時系列に沿った写真をチョイスする。
この場合1月1日〜2月28日の全てを選ぶ流れ。その際、1/1の最初の写真を<shift>を押しながらクリック、shiftを押したまま2/28の最後の写真までマウスを持っていきクリック。すると簡単に全ての写真をチェックしアルバムにする事が出来る。


3.アルバムを閲覧できるリンク(URL)を作る

-アルバムを作成すると右上にひらがなの<く>のようなマークが出現する。

-それを押すと<アルバムに招待する>と表示があり、FacebookやらTwitterやら作ったアルバムを他の人が閲覧できるように招待することができる。
そんな事せず<リンクをコピー>をクリックする。

-このアルバムを閲覧することが出来るURLが現れる。それをコピーしてSafariやChromeの新しいページに貼り付け開きます。


4.URLにとびダウンロードする

-リンクに飛べば、愛くるしいファミリーの写真が現れるでしょう。
ん!? ネット上にファミリーの写真をあげるのか!?
心配しなくてもアルバムを消去すればURLにアクセスしても中は空っぽになってます。(ちなみにアルバムを消去しても写真などデータはちゃんとGoogleフォトに残ってるので安心して下さい)

-リンクにとび、アルバムにアクセスしたら右上の3つの点をクリック。

-その中の<すべてダウンロード>をクリック。

-ブラウザがパソコンに写真のダウンロードを始めてくれます。(とにかくこれが時間がかかります。ネット環境に左右されます)


5.ダウンロードした写真をHDDに入れる

-時間はかかるが写真をダウンロードしました。

-大体自身のPCの<ダウンロード>という項目に入ってます。
zipという圧縮形式でダウンロードされてます。とにかくこいつをクリックすればファイルが出現する仕組みのやつです。
ただ、たまにちゃんとダウンロードはされてるのに、ダウンロード先がゴミ箱に勝手に入ってる場合があるので、ダウンロードが終わった時に確認してみてください。

-ゴミ箱に入ってたとしてもデスクトップに戻してあげて、zipをクリック。

-ファイルが出現します。ゴールの写真や動画が詰まった宝物が入ってます。

-それをHDDなりにコピペして終了です。


【 外付けHDDの紹介 】


6.あと処理

-zipや解凍したファイルは恐らく非常に重いのでゴミ箱に入れて消去していきましょう。

-アルバムの消去も忘れずに。

-これをいくつか繰り返します。面倒ですが、確実でファイルの保存形式も互換性に優れており。ばっちりなバックアップといえます。
あとは時系列を1ヶ月にしたりお好みで作って下さい。



B.パパッと方法

Googleフォトにログイン

勿論パソコンとネット環境が必要です。HDDも。
保存の為に良いネット環境が望ましい。

-パソコンで保存しているGoogleフォトにログイン。

-ログインが分かりにくければまずパソコンで自分のgmailを開く、
右上の9つの点をクリックしGoogleフォトを選ぶ<フォト>と記載されている。


2.ダウンロードする写真を選択

グーグルフォトに入ると、直近の同期された写真や動画が出てきます。
どの写真や動画でも良いので、マウスを合わせてみます(クリックしない)
するとその写真の右上にチェックマークが現れるのがわかると思います。

ではダウンロードしたい写真や動画をチェック(クリック)します。
青くチェックされたと思います。


3.ダウンロードする

目当ての写真や動画をチェックしましたら。画面右上に図のようなものが出現します。
クリックしてダウンロードします。

赤枠をクリック
ダウンロードをクリック

4.ダウンロードした写真をHDDに入れる

-時間はかかるが写真をダウンロードしました。

-大体自身のPCの<ダウンロード>という項目に入ってます。
zipという圧縮形式でダウンロードされてます。とにかくこいつをクリックすればファイルが出現する仕組みのやつです。
ただ、たまにちゃんとダウンロードはされてるのに、ダウンロード先がゴミ箱に勝手に入ってる場合があるので、ダウンロードが終わった時に確認してみてください。

-ゴミ箱に入ってたとしてもデスクトップに戻してあげて、zipをクリック。

-ファイルが出現します。ゴールの写真や動画が詰まった宝物が入ってます。

-それをHDDなりにコピペして終了です。



外付けHDD購入にあたり(容量の目安)

外付けHDDの良し悪しや容量がどれくらい必要か分からないという方に私の参考をご紹介します。

私のGoogleフォトには2013年ごろから蓄積した55,000個ほどの写真や動画が存在し、HDDにダウンロードしたデータとしては300GBほど。
私のiPhoneの500GB分は2018年9月からちょうど3年で飽和(写真データは450GB)になりましたので、比べるとグーグルフォトに収められるデータ量は意外と少ない印象です。

ただ、年々動画も画質が上がり4Kで動画を撮影するのが当たり前になると考えます。
そうするとHDDの保存容量も1TBや2TBではやや不安に感じます。

4TBは1TBや2TBともほとんど値段が変わらないので今は4TBがベストなのではと思います。

こちらで紹介するのはUSB3.1を使用しているのでデータ移行スピードも悪くないのではと思います。
Amazon choiceで人気コスパ共に一番のモノを掲載しておきます。




合わせて読みたい

Roblox <ロブロックス> の可能性 /子供のゲーム制作プログラミング教育に最適!?

コロナに効果的!MA-T/身体に無害で保存性高い除菌水!阪大とアースの本気