[ビールに氷]美味しいのか!?大手企業が研究しているビアスタイルがあった

ビールに氷は美味しいのか?

たまにいるそうです。ビールに氷を入れる方。
個人の好みにとやかく言うつもりはありません。

今回は大手企業がチャレンジした確かな過去を照らし合わせ、
その軌跡からプロが開発した氷にあうビールのビアスタイルをお伝えしていこうと思います。


そもそも何故ビールに氷?

2012年にキリンビールが出した「アイスプラスビール」
ご存知の方は少ないと思います。
筆者は偶然出会い。ハマったのでよ〜く覚えております。
感想としては非常に美味しかった!

そして2019年にサントリーから「アイス・ドラフト」が飲食店向けに販売。
焼肉店などやはり爽快感が欲しい様な店舗にウケが良い様です。

ビールに氷、私は個人的に好きな方ですが、
結構需要があると思います。と言うのも、背景に…

・飲酒人口が少なくなったことなどでビールのこだわり値が減少
・サワーやハイボールの人気に見られる、爽快感の需要
・ドラフトビールの台頭

元々人気のあのビールの風味により爽快感を持たせた感じがウケる模様。

商品化されてるビアスタイルに共通点

しかしただビールに氷を入れるだけでは確かに美味しいビールを薄めただけになります。

前述にもありますが、プロが選んだビアスタイルがあり、そのビールでないと風味を活かしきれないのだと思います。

そのビアスタイルとはエールです。
そもそもキリンのアイスプラスビールではエールと謳っています。

サントリーは公言はしていませんがエールの風味の特徴を文言しています。
さらに言うとIPAと言う製法で、少し苦味が深め、けど柑橘風の爽快な香りを演出するものに思います。

この類だと氷、確かに合います。

ちなみに我々がよく口にしているビールはラガー。
喉越しやコクがメインなので氷を入れると確かにその良さを消してしまいますね。

筆者は両方体験済

やはり美味しかったです。
エールビールはままを飲むのは女性にはウケがいまいちかもしれませんが、
氷を入れるだけで印象は変わるでしょうね。

ハイボールやレモンサワーとは違い爽快感のみにあらず、ビール特有の苦味やコクも味わえると言う両得感があり、本当美味しさに合理的な一品の様に思います。
皆さんも一度お試しあれ。

今後再びビールが主役になる日も近いのでは!?
昨今のビール離れに一役担ってくれれば良いなと思います。

アイスプラスビール

アイスドラフト